誰か遊び方教えて♡

思い通りになかなかいかない20代最後の日常と妄想。

20150425182940

脈絡なく「まず結婚」っていうてくる人、なんなん?

今日、会社の人が「あたらしい掃除機を買ったんだ」って話をしていて、

「いいですねー。わたしもほしい洗濯機あるんですけど、家がせまくて搬入できないから、引っ越さないと買えないやぁ」って話してた。

そしたら別の、おばちゃん(中国ご出身)が言った。

f:id:mi-anna:20170821210537j:image

……こうゆう、なにげない、おせっかいなおばちゃんはどこにでもいて、

男女問わず独身であるだけで、

脈絡なく「結婚」の話にうつす。

ほんとうに、ほんとうに、…ほんっっっっっとうにうっとうしい。

 

私は、もう、29になるというのに、

いまだに学生みたいな部屋で、ひと口コンロのクソ狭い部屋で生活してる。

家電も学生の時のまんま。

まだ使える。全然壊れない。ボッさい家電ほど丈夫で壊れない。

 

結婚した友だちの家に行くと、さすがワンステップアップしてるだけのことはあって、

あたらしめの家電、広い部屋に三口コンロ。旦那さんの夕食を気にして過ごす、人の居る生活。

 

うらやましい。なにがうらやましいって…?

広い部屋が?  あたらしい家電が?   旦那がいる生活が?   そう。

 

じゃあ引っ越せばいいじゃない。

家電を買えばいいじゃない。

うん、ここは、夢じゃない。

うらやましがってるけど、友だちも共働きで頑張ってるし、部屋が広い分、根気強く通勤してる。

ないものねだり。

 

 

じゃあ  旦那は?結婚って…?  ひとりではできないよね?   相手ありきのことだもの。

相手の気持ちやタイミングも尊重したし、自分だけの人生設計でどうにかなるものなの?

それとも無理やりどうにかするもんなん??

 

 

どうして「結婚しろ」なんて、赤の他人がそんな軽い文句で言えるの?

何様なん?

 

 

お盆は実家に帰った。

久しぶりに長く滞在して、

リフレッシュできた。

自分が育った土地で、張り切る必要のないメンツに会って、グズグズでも、成果がなくても、

「ここで健康に働いてさえいれば、オーケー」な地。

 

f:id:mi-anna:20170821212031j:image

母は保育士で毎日新しい、子どもや他の先生との可愛くておまぬけなエピソードを話してくれる。

f:id:mi-anna:20170821212019j:image

父は親戚の子どもたちにいつも人気で、

「おっちゃん!おっちゃん!」といつもみんな嬉しそうに寄ってく。

 

 

「両親と、子どもを育てたらどんだけ楽しいかな」と心から考えてしまった。

 

 

自分が故郷を離れている10年間、

いとこに子どもが生まれたり、ばーちゃんが死んだりといろいろあった。

 

「生きてる方のおばあちゃんと、

過ごせるのは、あとトータル時間にするとどれくらいだろう」と思うと、後悔したくなくて、おばあちゃんと2人で旅行に行った。

 

 

確実に、老いていく。

おばあちゃんも、両親も。

 

わたしだってや。

 

 

さて、どうする。

真剣にどうするか、考える。

 

 

いつも選択肢は3つ。

 

このままか

帰るか、

探すか。

 

 

家族なんて近けりゃうざいし、

遠けりゃ放置なもんや。

でも、私の「幸せ」の基準が、

30歳を前にして、みつけそうな気がしてる。

 

 

そんで、それを実行していきたいんやけど、

たとえばお付き合いしていきなり「結婚どうですか?」なんて、言えるわけないでしょうよ。

なあ、会社のおばさん、結婚ってどうやってするの?

おばさんみたいに心ない人でもできんだから、むずかしいことじゃないよね?

 f:id:mi-anna:20170821212040j:image

 

マンガ『恋人同士の正しい1日のおわり方』

いつだって「おわり」を連想させる恋なんてつらいだけだわ。

f:id:mi-anna:20170723222210j:image

 

f:id:mi-anna:20170723222215j:image

山田玲司のヤングサンデーフェスに行ってきた

漫画家、山田玲司さんのエッセイが好きで

数年前からファンです。

山田玲司さんのネット番組の主題歌は、

一般から公募されてるんだけど、

そのフェスが開催されるってことで、

行ってきた!!!

 

 

すごい内輪ですが

そのレポートです。

 

NaNa☆ちゃんはライブ観るの楽しみにしていたうちの1人!プロの迫力感じたー😆✨キラッキラしてたわ、眩しくて目ぇやられる。 DJ1戸建さんとのコラボよかった!

一戸建さんが照れながらアイドルぽい自己紹介してるのよかった。

f:id:mi-anna:20170718200038j:image

 

カルロス袴田さんは、なんかもう、好きになるしかない風貌やった。テケピコした音楽、クラブ感最高やっ 

f:id:mi-anna:20170718200045j:image

 

越村氏のたましいのこもった2曲は、グッとこっちのタマシイも突かれたよね。浮世を憂いながらも光を灯そうとする越村節…!ジタバタ感がたまらん

f:id:mi-anna:20170718200109j:image

 

トガシ君の歌は、玲司先生の話してたことを、1度「トガシフィルター」を通して、トガシ作品になってる。実感こもってるし、映像が浮かぶような繊細な表現力ある。こんな繊細やのに、オフ会で見かけると、いつもベロベロに酔っ払ってるそのギャップはなに。

 f:id:mi-anna:20170718200120j:image

 

 レポのラストは我らがクッキングダディ!!@アメリカのドラマ『フレンズ』でいうとチャンドラー。ステージの上であんなに堂々とうれしそうにされたらダディワールドに連れてかれちゃうわ。歌詞の「クズはくずかごにシュート☆」の元ネタはわたしのマンガ✨自慢〜! 

f:id:mi-anna:20170719083017j:image

 

 あまりにも熱いライブだったので、

水曜日の朝の今も、まだあまり現実に戻ってこられてません。

旅行とかイベントって、その日が来るまではワクワクして、始まるとワーキャーして、

終わるとすごいさみしい。

この瞬時性はあー、夏だなって感じする。

 

ライブ会場の演出は、

いつも玲司先生のとなりでMC(?)してる

おっくんが手がけたそうで。

さすが舞台出身の人。

会場のステージの玲司先生と、最後列の物販コーナーにいる松本さんとで中継させるステージを転換させる手法は、舞台演出の人独自のアイデアと遊び心やなーと思い、ちょっと感動した!

 

 

あーたのしかった。

ええ夏のはじまり。

 

余談だけど、

ライブ会場に行く前に「サイリウム買おうね」と仲間うちでLINE打ち合わせしてたのに、

誰も買わずに集合。

f:id:mi-anna:20170718200335j:image

 

いつも年下男子に叱られてる。

とりあえず、お腹空いてたら楽しめないでしょ?!!

 

f:id:mi-anna:20170718200337j:image

 

 仲間がいるって、

いいねー。

 

 

 

マンガ『誘惑に負けた日』

f:id:mi-anna:20170709231501j:image

f:id:mi-anna:20170709231510j:image

f:id:mi-anna:20170709231513j:image

f:id:mi-anna:20170709231524j:image 

 

ギャレットはポップコーンの王様だわ…。

今度はチーズ味が混ざってるやつでお願いしたい。

 「絶対太るなよ、走れ。」と言う男の人もいれば、どんどん美味しいものを与えてくる男の人もいるから、気をつけたいものです。 

 

 

 

マンガ『友の婚活プロフ写真を撮った日』

f:id:mi-anna:20170709005033j:image 

f:id:mi-anna:20170709005039j:image

f:id:mi-anna:20170709005044j:image 

f:id:mi-anna:20170709005050j:image

 

マンガ『メロンに悩まされた日』

f:id:mi-anna:20170619213443j:image

f:id:mi-anna:20170619213451j:image

 f:id:mi-anna:20170619213458j:image

メロンで悩むなんて、

贅沢な悩みです。

 

スイカやメロン、梨やオレンジなどの

果物は、家族がむいてくれて、切ってくれて、

そろって食べた思い出がついてくる。

 

思春期の頃、リビングに居たくないから、

夕食を食べ終えたら自分の部屋にいく。

 

くつろいでても、勉強してても、

一番いいところで「梨、むけたよー!!」って乱入してくるのが、家族。

 

そのウザささえ愛しくて輝かしく思い出した、

東京のひとりの夜でした。