誰か遊び方教えて♡

思い通りになかなかいかない20代最後の日常と妄想。

20150425182940

ウザい親戚の対処法

f:id:mi-anna:20180717200856j:image

夏休みやお盆休みで、実家に帰省し

親戚に会う機会も増える独身女性のみなさまこんばんは。

 

私も先日の海の日の三連休で帰省し、見事にウザい親戚のウザい仕打ちにあって嫌な気持ちとともに夏真っ盛りを迎えました。

 

一晩寝たら治ったけれど、

構えてなかった上に生理前でメンタルがグラついたところに来たどうでもいい一言でわりと傷ついてしまった。

小さなことで傷つくのはメンタルブスな証拠でもあるのだけど、

でもやっぱり同じような思いをしてほしくないので、事例とともに対策をまとめたい。

 

これを見て、ハートのもろい独身賢女たちには身構えて欲しいし、

既婚者またはシングルマザーの女性には、

ウザい親戚にならないよう、気をつけてほしい。

 

年下の親戚たちにとって自由で気ままでエールをくれる

オバさんでありたいじゃないか。

 

 

 

【その1】

すぐ身体的なことを口に出すオバハン

f:id:mi-anna:20180717195840j:image

わたしは小学校3年生くらいからすごく太っていたので、会うたびにオバハンたちに「えらい肥えて(すごく太ったね)」「よう肥えとる(とても、太っている)」と肥えて肥えてと「わたしは豚なのか?」と思うくらい肥えとると言われた。

いとこや弟がまたガリガリでスラリと手足が長くスタイルが良かったので「肥えて、醜い」というニュアンスで言うていると、妄想が膨らんで、思えばこのころに自己肯定感のデフォルトが下がった。

運動して中学で標準体重に戻ったときも「えらい、痩せたなぁ」と久々に会う人に言われるたびに「私はそんなにも太ってたの?」とネガティブだけは健全に生き残ってしまった。

親はどんなわたしでも愛情を注いでくれたので、

それが太ってようが痩せてようが関係なく、

気づいたらデブだった。

 

 

●思考の分析

f:id:mi-anna:20180717202412j:image

今回も、このオバハンに会うと必ず嫌なことを言われるので、早々に済ませよとしたけれど、30秒も立たないうちに「太ったんじゃない?」と言われてしまった。

(だから来たくなかったんだよ〜)と後悔したし、最近写真に写る太った自分が本当に嫌で、

太ったことは自覚してたからこの上なく嫌な気持ちになった。

 

だから今日、やっと冷静になってなぜオバハンが身体のことをすぐ口に出すのか考えて見たけど、ただデリカシーが無いだけだと思う。

そのオバハン本人も昔から太っているし、

もしわたしが病的に痩せてたら心配するだろうし、

挨拶程度に言ってきただけなんだから、こちらも「オバさんも(太ったね)!」くらい言えばよかった。

 

 

 

【その2】

暇すぎるオバハン

f:id:mi-anna:20180717203045j:image

独身なら男女問わずあるあるなこちらのやりとり。

……この流れ…、いる??!

この会話で盛り上がったことがないにもかかわらず、何度も投下して来るウザい質問。

おそらく今が昭和の初期なら、この流れから見合いの話でも見繕われるもんだろうけど、

今は結婚するのもしないのも自由。

子どもがいる人、いない人、

好きな人が異性とも限らない、多様性が生まれつつあるこの時代に、「ええ人おらんの?(はやく結婚しなよ)」発言こそ

ミートゥー運動並みにのろしを上げたい案件。

 

●思考の分析

f:id:mi-anna:20180717203500j:image

自分がいつまでも若くありたいと思っているオバハンにとって、わたしやあなたが歳を取ることは、自分の老いでもある。

死の恐怖なのかもしれない。

死ぬ前に、自分の子孫の顔は見ておきたい……!という動物としての本能が「ええ人おらんの?連れて来なさい」発言になる…かああああ?!!!

 

絶対そこまで考えてない。

奴らは暇なのだ。

恋バナ好きな可愛い乙女だったのに、オバハンになってしまい、現実の恋愛の行く末(結婚生活)も知ってしまった。

もう、恋バナをすることもない。ましてや恋愛相談なんて誰からもされない。

本当はオバハンたちは恋バナを聞きたいだけなのかもしれない。

わたしが小学生や中学生の親戚の子どもに「好きな子はいるの?」と聞きたくなるのと同じで、オバハンも話に入りたいのだ。

ま、子どもたちが困るようなそんな質問、

こちらからは聞かないけどね。

 

 

●対策

なぜか昔は美人だったと思われるオバハンほど

横暴でひどい言葉を平気で浴びせる。

若い頃はちやほやされて、それが奔放で可愛かったのだろう。

 

そんな自分本位なウザい親戚たちによって、

傷つくことなんて本当はないんだ。

タフでしなやかにいきたいけれど、

そんなメンタルも整えてないわたしは、

自分なりの対策を3案考えた。

 

f:id:mi-anna:20180717204132j:image

「今回会わなかったら次はもう…」と躊躇するほどオールドなオバハンも居るだろうけど、会いたくない人リストにinしてきたのはウザい親戚本人。潔さが大切。

 

f:id:mi-anna:20180717204139j:image

どうしても会わなきゃいけない時もある。そのオバハンに会うとき、ほぼ90%の人が億劫だと感じているはずだ。だってそのオバハンはみんなにそんな感じだから。誰も相手にしてくれないから、輪をかけてウザいことや噂話を言う。そんなオバハンを誰が慕うのか。

可哀想なオバハン…仕方がない…今日は我慢してやるか…。

こうしてイメトレしておく。

 

f:id:mi-anna:20180717204149j:image

結局、どうして小さいことに傷つくか、というと、自分のどうでもいいプライドが抵抗しているから。

どうでもいいプライドを誇示するくらいなら、

譲れないところを探したほうがいい。

 

太った時点で体系にそこまでのこだわりは無いわけだし、

独身のままなのは、結婚が全てじゃないと言う価値観を知ってるから。

譲れてるポイントなんだ。

 

じゃあ譲れないところはどこか…。

なんでもいいじゃん。

友達は大事にするとか、〆切は守る、自分が絶対正しいとは思わない…とかさ。

 

 

この夏、ウザい親戚に会わざるを得ない場面もあるかと思いますが、

土産の一つでも買って、話題を少しでもそらせましょうや。